治療症例集|菊川駅前歯科|菊川駅すぐ。土曜・日曜も診療

〒130-0024
東京都墨田区菊川2-6-14 マーベラス菊川1F

03-6659-2934

  • メール相談
  • WEB予約
診療時間
9:00 ~ 13:30/
15:00 ~ 19:00//

※土曜:午後 15:00〜18:00 日曜:午前  9:00〜14:00 
※休診日:祝日

キービジュアル

手術用顕微鏡(歯科用マイクロスコープ)を使用した、ダイレクトボンディング と精密根管治療とMIセラミック修復

2021年02月2日

部位が特定できない歯のお痛みのご相談でした。レントゲン上にて一番奥歯の歯の神経の炎症が原因と疑われましたが、他院にて最近,保険の樹脂を詰めたので後から行いたいというご希望と、侵襲が少ない箇所からの治療をご希望されましたので2次感染が起きている銀歯や保険の白い樹脂が詰まっている箇所から治療を開始しました。

ラバーダム防湿を行い、プラークの染め出しを行い接着を阻害する因子であるプラーク(細菌の塊)を視覚化して除去します。

まず、保険の白い樹脂の処置ではコストと時間の関係上このような前処理が不可能なため、この多くのプラーク(細菌の塊)が残っている状態にて樹脂を詰めてしまい、細菌の侵入を容易に許し、新たな痛みの原因を作る可能性もあります。

手術用顕微鏡下にて虫歯を取りきり、接着処理を確実に行います。虫歯治療において歯の予後を考える上でここが一番大事なステップになります。保険の処置では唾液の侵入などを考慮し接着操作は20秒ぐらいで終わらせざるおえないステップですが、接着処理は確実に行うとすると少なくとも5分以上かかる処理になります。

ラバーダム防湿下では時間をかけ確実な接着操作が可能ですので十分に接着剤を効かせることができ、細菌の侵入を防ぐ事が可能となります。

ここまでのレベルの工程を行って、初めて原因歯の鑑別診断と判定が可能となります。

しかし、予想された通り、痛みの改善はなく、奥歯は残念ながら、歯の神経が死んでいました。

前述の通り、細菌の侵入を許した状態の虫歯処置は接着不良や細菌感染を引き起こし、歯の神経を失活(神経が死んでしまう状態)させることがよくあります。

 

手術用顕微鏡下にて精密根管治療を行います。根の中は複雑な形をしており、途中から根が繋がり、感染物質を除去する際の死角となっていたり、根の中に石灰化物が存在し、根の先を塞いでいたりしていたりなど、様々な要因が治癒の妨げになります。

顕微鏡動画①

顕微鏡動画②

特に、このようなピンポイントでの汚染部位の除去はルーペ や裸眼では不可能であり、治療時間が適切に確保された手術用顕微鏡下での治療ではないと不可能になります。(動画は別症例)

精密根管治療後、不快症状等は落ち着き改善が見られました。

その後、適切に設計されたセラミックのマテリアル選択とデザインを行い、修復を行います。

歯の修復の目的は歯の剛性を回復し機能させることになります。

とりあえず残っているからという理由で中途半端に強度の担保されていない歯質を残し、考えなしに強度が高いだけの修復物を入れてしまうと歯自体の剛性は回復されず、痛みの再発、天然歯の破折や細菌の再感染の温床等になります。

歯をなるべく削らない治療(MI治療)は健全な歯質を適切に残し、歯を長く持たせるために行う事であり、理由もなく不健全な歯質を残して歯の寿命自体を短くするという事ではありません。MI治療は適切に診断された上でラバーダムや手術用顕微鏡を使用し適切に行う必要があります。

リスク 極端に硬いものを噛むとかける可能性があります。

各種治療費はこちらから

診療予約はこちらから※予約枠が埋まっていてもお電話いただければ対応できることもあります

電話でのご予約は 03-6659-2934

菊川駅前歯科のホームページはこちらから

菊川駅前歯科 Kobayashi dental office

東京都墨田区菊川2-6-14 1F

歯を長く持たせる治療

2020年09月1日

銀歯の穴を気にされて来院されました。痛み等はありませんでしたが、銀歯の中は非常に深く大きな虫歯でした。

虫歯を除去すると虫歯が深く、生きている歯の神経が見えてきました。

しかし、安易に神経を取ってしまうと、神経を取った時点で歯の中の細胞の代謝や再生がこの後の人生で起こらなくなり、その歯の寿命は大きく縮んでしまいます。

そこで、ラバーダム防湿と手術用顕微鏡下にてMTAセメントを用い神経の露出部を封鎖します。こうすることで歯の神経を残した状態で歯の修復が可能になります。

 

歯の根元は大部分残した状態で歯の形を整えます。

 

今回は歯の根元が残っていたため、クラウンではなく、テーブルトップアンレーにて対応が可能でした。

 

銀歯や保険の白い冠、格安セラミックに代表される治療効率のために何でも大きく削って大きくかぶせるクラウンを回避することで、通常の被せ物治療より非常に繊細なセラミック修復となるため手間と時間はかかりますが、今後何かこの歯にトラブルが起きても歯質が多く残っているため対応が容易になります。

何も根拠もなくとりあえず残っている部分を残して作られたインレーや、歯の根元まで大きく削るクラウンになったものに関しては次に何かトラブルが起きた際、再治療というのが困難な場合多く、抜歯になってしまうケースが多くあります。特に保険の白い歯は強度を担保するため銀歯より多く削る必要があり、処置の直後は特に問題がなくとも、再感染がしやすく、何か問題が起きた時に銀歯より更にたちが悪い事が多いように感じます。

患者さんにはこれらの違いが伝わりにくく、容易な理解が得られない上に、術式の手間と時間がクラウンよりかかるため、歯質が残っており適応症にも関わらず、根元まで大きく削ってクラウンにしてしまうクリニックの方が大多数です。特に適正価格から逸脱した安いセラミック修復はその傾向が特にあります。

治療費が適正価格というのは治療に対して適正な時間が確保されているという事です。

 

リスク 極端に硬いもの噛むと修復物がかける、外れる可能性があります。

 

各種治療費はこちらから

診療予約はこちらから※予約枠が埋まっていてもお電話いただければ対応できることもあります

電話でのご予約は 03-6659-2934

菊川駅前歯科のホームページはこちらから

 

 

ダイレクトボンディング とセラミック修復による虫歯治療

2020年06月23日

一見、穴が空いておらず虫歯がないように見えますが歯と歯の間からの虫歯が多くありました。

このタイプの虫歯は、唾液の質や硬いものを好む食生活、歯ぎしり、砂糖の高頻度の摂取や毎日のフロス、歯間ブラシの不使用が要因となり起こります。

非常に深く大き深刻な大きさの虫歯になっていました。

奥の虫歯が非常に大きく神経が見えてきました。歯の根には神経と血管が通っており、出血もしています。

保険の虫歯処置ですとラバーダム防湿を行なっていない為、感染が起き、神経を取ることになりますが、ラバーダム防湿を行なった上での虫歯治療なのでそのままMTAセメントを用いて歯の神経を残す治療を行うことが可能です。

その後、ダイレクトボンディング にて歯の修復を行いました。

手前は広範囲に保険の樹脂が詰まっている箇所の虫歯になります。保険の樹脂による処置は安く白く仕上がるめ、患者さんウケもよく、コストが銀歯よりかからない為、適応範囲を増やす歯科医師が増え、多少大きな虫歯でも銀歯ではなく安価で白い歯を入れる事が多くなってきた近年ですが、保険処置である以上、本質は変わらず再虫歯のリスクは非常に高いものとなっています。むしろ、基本的に保険のレジン処置はラバーダム防湿や顕微鏡を用いずに行われるため虫歯の取り残しや接着不良により経年的に再虫歯のリスクが高くなり、また中途半端にくっついているため気付いた時には歯の大部分が失われている事が大半です。それであれば状況にもよりますが、多少虫歯になったら取れてくれる可能性のある銀歯の方がまだマシとも思えます。

殆ど、虫歯で天然歯が残らなかったため、土台を立てクラウンにて対応しました。

 

リスク 極端に硬いものを噛むとかける可能性があります。

各種治療費はこちらから

診療予約はこちらから※予約枠が埋まっていてもお電話いただければ対応できることもあります

電話でのご予約は 03-6659-2934

菊川駅前歯科のホームページはこちらから

 

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • メール相談
  • web予約

※予約枠が埋まっていても
 お電話いただければ対応できることもあります。

電話での問い合わせ

03-6659-2934

医院の住所

〒130-0024
東京都墨田区菊川2-6-14 マーベラス菊川1F

診療時間
9:00 ~ 13:30/
15:00 ~ 19:00//

このページの先頭に戻る