歯の神経の治療

〒130-0024
東京都墨田区菊川2-6-14 マーベラス菊川1F

03-6659-2934

※予約枠が埋まっていてもお電話いただければ
 対応できることもあります。

  • メール相談
  • WEB予約
診療時間
9:00 ~ 13:30/
15:00 ~ 19:00//

※土曜:午後 15:00〜18:00 日曜:午前  9:00〜14:00 
※休診日:祝日

メイン画像

  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後

※価格は約5万円。上記症例は根尖病巣を改善した症例となります。
リスクとして、稀だが再発することがある。

マイクロスコープ根管治療

治療後
  • どうしても歯を残したい
  • 再治療が多く一向に改善しない

このようなお悩みはありませんか?

他院で抜歯を宣告された患者様も、
歯を残せる可能性があるのならば、
あらゆる可能性を模索します

まずはご相談ください。

なぜ、一向に良くならないのか? なぜ、再発してしまうのか?

院長

「根の治療に何回も通っているけど治らない」
「半年前に根の治療をした歯がまた痛くなった」

このような患者様からのご質問が後を絶ちません。
このような結果になってしまうのはなぜでしょうか?

結論からお伝えすると、担当医の技術レベルに問題があることもありますが、多くは日本の保険制度の限界にあります。保険治療には様々な制約があり、効果が実証されているが、保険では使用できない治療器具、薬剤、材料などが多数あるのです。

多くの方が根管治療後の予後が悪く、とても悩まれています。
そのため、当院では保険だけではなく、自費での根管治療も行っています。

当院の根管治療の体制

根管治療を成功させるには、「見える化(マイクロスコープ/CT)」「除菌」の2つが大切なテーマとなります。それぞれご紹介します。

「見える化」:
CTの活用/マイクロスコープ

根管治療は歯の「根」の治療になります。
歯の根は複雑に湾曲し、細かく分岐していますので、根の先端まで「肉眼で目視」しながらの治療は不可能です。つまり、手指の感覚やレントゲンを参考にしながら盲目状態での治療になるのです。

しかし、マイクロスコープCTを利用することで、これまで見えなかった部位がしっかり確認できるようになりますので治療の成功率は高まります。それぞれの特徴をご紹介します。

CT(3次元立体画像撮影装置)

CT

一般的に行われている根管治療では2次元で撮影できる「デンタルレントゲン」というもので根管治療の診査診断を行います。しかし当院ではケースによっては3次元の撮影を可能にする「CT」を利用します。なぜ3次元のCTを利用するのか。それは2次元だけでは見えない部位が存在するためです。

下の画像をご覧ください。
この画像はデンタルレントゲンとCT画像の比較となります。
丸を付けた部分が問題の箇所ですが、デンタルレントゲンだと、この丸の部分に黒い色がついていませんので、問題箇所を見落としてしまう可能性があります。

  • CT画像
    CT画像
  • レントゲン画像
    レントゲン画像

問題部位が発見できなければ当然治療を行うことはできません。
根管治療において「可視化できるか否か」。これは治療の成否を左右する大切なことです。

マイクロスコープ

マイクロスコープとは、その名の通り、視野を拡大する機器です。
根管治療においては、どれだけしっかりと問題部位を目で確認できるかが成功の成否を分けますので、成功率を上げるためには欠かすことができない機材になります。

1

下の画像は「肉眼の視野」と「マイクロスコープ視野」の比較になります。
どちらの方が精度の高い治療ができるかは一目瞭然ですね。

  • 治療前
  • 治療後

「除菌」:再感染の防止。
再発を防ぐためには、これが大切

他院で治療を受けた方から、「根管治療を受けたはずなのに、また痛みが出てきてしまった……」といったご相談をお受けすることが多いのですが、再発してしまうのはどうしてだと思いますか?

保険治療の限界もありますが、何よりも、治療中に唾液に含まれる「細菌」が治療部位に入ってしまうことが原因です。

当院が行っている再発のリスクから患者様を守るための「再発防止」体制をご紹介します。

体制1▶▶「ラバーダム」の利用

2

ラバーダム防湿は、根管治療を成功させるためには必須のものです。

ラバーダム防湿とは、治療する歯以外を薄いゴム製シートで覆い被せて口腔内の唾液や細菌による治療部位への感染を防止する道具です。ラバーダムを使用することで、様々な口腔内細菌が根管に侵入するのを防ぎ、無菌的な処置を行うことが可能になります。逆を言えば、ラバーダム防湿を行わないで根管治療は細菌感染の可能性が高まり、再治療の原因ともなります。

根管治療でラバーダム防湿を行うことは欧米では必須の処置となります。当院で行う根管治療はラバーダム防湿をしっかり実施しておりますので安心していただけたらと思います。

体制2▶▶感染部位をしっかり除菌する「ニッケルチタンファイル」

ファイル

根管治療では、虫歯に侵された神経を除去するために「ファイル」と呼ばれる器具を使用します。
このファイルは大きく分けて二種類あり、1つが「ステンレスファイル」、もう1つが「ニッケルチタンファイル (NiTiファイル)」というものです。

一般的には「ステンレスファイル」で治療を行いますが、素材の性質上、非常に硬く柔軟性がないため、感染部位の取り残しが生じ、再発の可能性が高まります。

しかし、ニッケルチタンファイルは、柔らかく柔軟性があるため、歯の根の複雑な分岐までもしっかりと届くため、感染部位の取り残しを防ぎ再発の可能性を摘みます。

また、ファイルは物理的に感染部分を除去しますが、100%感染部分を綺麗にすることはできません。そのため当院では「EDTA」「次亜塩素酸」などの薬剤でしっかりと根管の中の消毒殺菌を行いますので、再発の可能性を可能な限り低くしています。

体制3▶▶殺菌作用と歯の組織再生効果のある「MTAセメント」の活用

MTA

根管治療の最後の仕上げとして「根管充填」という工程があります。これは、歯の神経を取ったことにより空洞になった根管内を緊密に塞ぐ処置のことを指すのですが、この際、隙間をしっかり塞ぐことができなければ、再び感染してしまう可能性が高まります。一般的には「ガッタパ―チャ」と呼ばれる、ゴムのようなもので隙間を塞ぐのですが、複雑な構造の根管内をこのガッタパ―チャでは塞ぎきれないケースが多々あります。
一方、当院が導入している「MTAセメント」では、根管内を隅々まで緊密に塞ぐことができ、かつ、殺菌作用及び強い接着性、歯の組織再生効果も兼ね備えているため、治療後の経過が非常に良好になります。

治療後の歯を「より綺麗に」そして「長持ち」させるための工夫

根管治療後は、コアと呼ばれる支台を入れ、その上に被せ物をしていきます。
当院では審美性・耐久性に優れる「ファイバーコア」を利用しています。

ファイバーコアとは?

根管治療後に被せ物をするためには、補強のための土台を作る必要があります。
その土台になるのが「コア」です。

ファイバーコアの特徴は「審美性」「耐久性」になりますのでそれぞれご説明します。

審美性

裏側から光を当てたときの「光透過性」の比較です。
左がファイバーコア、右が金属コアです。
どちらの方が綺麗に見えますか? もちろん左のファイバーコアですよね。
ファイバーコアはその性質上、光を透過しやすいのですが、金属コアは光を透過させませんのでどうしても影ができてしまい審美性が劣ります。

破折の可能性

ファイバーコアは「しなる」性質を持つため、強い力が加わった場合でも力を上手に分散させることができます。しかし、金属コアの場合、しなる性質がないため、力が歯根に集中し歯根破折という問題を引き起こす可能性があります。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • メール相談
  • web予約

※予約枠が埋まっていても
 お電話いただければ対応できることもあります。

電話での問い合わせ

03-6659-2934

医院の住所

〒130-0024
東京都墨田区菊川2-6-14 マーベラス菊川1F

診療時間
9:00 ~ 13:30/
15:00 ~ 19:00//

このページの先頭に戻る