治療症例集|菊川駅前歯科|菊川駅すぐ。土曜・日曜も診療

〒130-0024
東京都墨田区菊川2-6-14 マーベラス菊川1F

03-6659-2934

  • メール相談
  • WEB予約
診療時間
9:00 ~ 13:30/
15:00 ~ 19:00//

※土曜:午後 15:00〜18:00 日曜:午前  9:00〜14:00 
※休診日:祝日

キービジュアル

治療用義歯を使った全顎治療|東京/墨田区/江東区

2020年09月25日

お口の中全体を治したいと来院されました。

保険診療にて治療するとなると治療のクォリティーと制度の制約上、治療期間もかかり、いつまで経っても噛めない、終わらないとなるため、自由診療にて治療用義歯を使った治療をご提案させて頂きました。

治療用義歯製作と合わせ治療を行なっていきます。

 

3ヶ月程度、治療用義歯を使って頂き、その間に他の虫歯や、見た目、かみ合わせの問題点を修正し最終義歯に移行します。

最終義歯にはフレームを組み込むことで長い間使っていただける金属床義歯を製作します。

今回は前歯の根を残し、義歯の安定を図りました。前歯を全て抜歯してしまうとかみ合わせの関係により、前歯の安定を失い痛みの原因となります。しかし、保険のプラスチックの入れ歯の場合は強度の関係上、歯の根を残しておく事は難しいです。金属床義歯であれば金属のフレームがあることで歯の根を残しつつ義歯を製作する事ができます。

金属フレームに人工歯と床が付いて義歯が完成となります

 

完成後、患者様に義歯を入れたかみ合わせを4種類取り、顎の位置とかみ合わせを再現した咬合器と言う装置に移し替え、全ての誤差を咬合器上で修正します。

フェイスボー トランスファー、チェックバイト、調整これらは非常に手間がかかり、保険点数も無いため、保険の入れ歯では決して行われない方法ですが、全ての材料の収縮、膨張などの義歯の誤差を修正する有効な手段になります。

 

義歯も馴染んで問題なく噛めているとのことで治療が終了となりました。

治療用義歯も用無しになるわけでなく、金属床義歯が壊れた時に修理にてお預かりする場合や紛失してしまった時のためのスペアとして利用することができます。

 

before

after

リスク 極端に硬いものを噛むとかける可能性があります。

各種治療費はこちらから

診療予約はこちらから※予約枠が埋まっていてもお電話いただければ対応できることもあります

電話でのご予約は 03-6659-2934

菊川駅前歯科のホームページはこちらから

 

削らずに前歯を綺麗に

2020年09月13日

前歯の白濁や黄ばみのご相談がありました。

ホームホワイトニングとicon治療による,歯を削らずに可能な見た目の改善をご提案しました。

まず、ホームホワイトニングにて全体的な黄ばみを改善します。ご自宅にてホワイトニングを約3週間〜5週間程度行っていただきます。

これだけでも歯の印象は大きく綺麗に改善します。患者さんがここで満足すれば、ホワイトニングのみで終了することもあります。

まだ見た目が気になる場合、iconにて白濁を改善します。歯の表層に薬液を浸透させ白濁の改善を行います。この治療は1回で終了します。

ひと昔前であれば、ダイレクトベニア、ラミネートベニア、クラウンなどが適応となっていた症例ですが、iconの登場によって治療の選択肢が増え、症例や患者さんが理想とする治療結果によりますが、削らない審美の改善が可能となりました。

 

 

before

after

リスク 白濁の濃さ,箇所によってはiconの適応症から外れる場合があります。その場合はダイレクトボンディングをお勧めすることがあります。

 

各種治療費はこちらから

診療予約はこちらから※予約枠が埋まっていてもお電話いただければ対応できることもあります

電話でのご予約は 03-6659-2934

菊川駅前歯科のホームページはこちらから

 

菊川駅前歯科 Kobayashi dental office

東京都墨田区菊川2-6-14 1F

 

歯を長く持たせる治療

2020年09月1日

銀歯の穴を気にされて来院されました。幸いにも痛み等はありませんでしたが、銀歯の中は非常に深く大きな虫歯でした。

虫歯を除去すると虫歯が深く、生きている歯の神経が見えてきました。

しかし、安易に神経を取ってしまうと、神経を取った時点で歯の中の細胞の代謝や再生がこの後の人生で起こらなくなり、その歯の寿命は大きく縮んでしまいます。

そこで、ラバーダム防湿を行い、手術用顕微鏡下にてMTAセメントを用い神経の露出部を封鎖します。こうすることで歯の神経を残した状態で歯の修復が可能になります。

 

歯の根元は大部分残した状態で歯の形を整えます。

 

今回は歯の根元が残っていたため、クラウンではなく、テーブルトップアンレーにて対応が可能でした。

 

銀歯や保険の白い冠、格安セラミックに代表される治療効率のために何でも大きく削って大きくかぶせるクラウンを回避することで、通常の被せ物治療より非常に繊細なセラミック修復となるため手間と時間はかかりますが、今後何かこの歯にトラブルが起きても歯質が多く残っているため対応が容易になります。

何も根拠もなくとりあえず残っている部分を残して作られたインレーや、歯の根元まで大きく削るクラウンになったものに関しては次に何かトラブルが起きた際、再治療というのが困難な場合多く、抜歯になってしまうケースが多くあります。特に保険の白い歯は強度を担保するため銀歯より多く削る必要があり、処置の直後は特に問題がなくとも、再感染がしやすく、何か問題が起きた時に銀歯より更にたちが悪い事が多いように感じます。

患者さんにはこれらの違いが伝わりにくく、容易な理解が得られない上に、術式の手間と時間がクラウンよりかかるため、歯質が残っており適応症にも関わらず、根元まで大きく削ってクラウンにしてしまうクリニックの方が大多数です。特に適正価格から逸脱した安いセラミック修復はその傾向が特にあります。

治療費が適正価格というのは治療に対して適正な時間が確保されているという事です。

極端に安い治療費では適正な時間が確保されていないと考えた方が良いかと思います。

リスク 極端に硬いもの噛むと修復物がかける、外れる可能性があります。

 

各種治療費はこちらから

診療予約はこちらから※予約枠が埋まっていてもお電話いただければ対応できることもあります

電話でのご予約は 03-6659-2934

菊川駅前歯科のホームページはこちらから

 

 

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • メール相談
  • web予約

※予約枠が埋まっていても
 お電話いただければ対応できることもあります。

電話での問い合わせ

03-6659-2934

医院の住所

〒130-0024
東京都墨田区菊川2-6-14 マーベラス菊川1F

診療時間
9:00 ~ 13:30/
15:00 ~ 19:00//

このページの先頭に戻る