治療症例集|菊川駅前歯科|菊川駅すぐ。土曜・日曜も診療

〒130-0024
東京都墨田区菊川2-6-14 マーベラス菊川1F

03-6659-2934

  • メール相談
  • WEB予約
診療時間
9:00 ~ 13:30/
15:00 ~ 19:00//

※土曜:午後 15:00〜18:00 日曜:午前  9:00〜14:00 
※休診日:祝日

キービジュアル

ダイレクトボンディング とは(ダイレクトレストレーション、直接修復)

2018年03月25日

ダイレクトボンディング とはダイレクトレストレーション、直接修復とも言われている治療法となります。

一番のメリットは、歯と同じ色の審美修復ということです。小さな虫歯を治したり、欠けた歯を修復したり。また、矯正治療では数ヶ月かかるような、すきっ歯の治療などにも応用可能です。

もちろん、術前に診査・診断を行い、ダイレクトボンディングで治せると、予め確認しておく必要はありますが、治療自体は、わずか1回の通院で完了します。ダイレクトボンディングによる詰めものは、補正・修正することができます。ですから、最初はダイレクトボンディングで治しておいて、将来には、より長持ちするセラミックスへ、というステップアップも可能です。

このようなお悩みはありませんか?

  • 奥歯の小さな銀歯が気になるので、歯と同じ色にしたい
  • すきっ歯や着色など、前歯の見た目が気になっている
  • 通院回数を減らしたい
  • できるだけ歯を削らずに治したい
  • 歯と同じ色の白い治療は、診療費が高い

ダイレクトボンディングで解決できるかも知れません。

 

 

1回の通院で治療完了

ダイレクトボンディングは、虫歯を取り除いた後、その部分に直接材料を詰めて修復・研磨します。型どりをしませんので、1~2時間のうちに治療が完了します。

歯の切削量が少ない

ダイレクトボンディングでは、虫歯部分のみを取り除き、その部分だけを修復することが可能です。銀歯による詰めものや、セラミックスを使った治療と比べると、健康な歯を削る量は少なくなる傾向があります。

治療コストが低い

通院回数が少ないこと、型どりがいらないこと、セラミックスを製作する技工費用がかからないことなどから、ダイレクトボンディングは、セラミックスを使った審美修復と比較すると、治療コストを抑えることができます。

ダイレクトボンディング の特徴

  • 歯を削る量が少ない
  • 虫歯や欠けた部分を修復できる
  • 歯の隙間を埋めることができる
  • ある程度の耐用が期待できる
  • 隣の歯と調和するような、形態や色の回復ができる
  • 見た目が自然である
  • 将来に修正が可能である
  • 審美治療のファーストステップに向いている

 

 

 

 

 

 

 

各種治療費はこちらから

診療予約はこちらから※予約枠が埋まっていてもお電話いただければ対応できることもあります

電話でのご予約は 03-6659-2934

菊川駅前歯科のホームページはこちらから

菊川駅前歯科 Kobayashi dental office

東京都墨田区菊川2-6-14 1F

 

虫歯治療の流れについて|東京/墨田区/江東区

2018年03月20日

虫歯になった歯の断面を切り取ったものです。虫歯により右側が大きく欠損しています、虫歯はこのように歯を崩壊させています。

これを今から治療していきます。

 

①虫歯を取ります

時間をかけ丁寧に取ります。

②医療用の接着剤を塗ります

この接着剤の強度の違いにより予後が大きく変わってきます。ダイレクトボンディング ではラバーダム防湿を行い、質のよい接着操作を行います。

 

③特殊な波長の光で固めます

様々な方向から時間をかけ光を照射する必要があります。

④医療用高強度樹脂(レジン)を詰め再び光で固めます

変形の無いよう少しづつ盛り足し、様々な方向から時間をかけ光を照射します。

⑤このようにして虫歯の治療は行われます。

歯の構造に合わせて色を使い分けることで色を天然歯と馴染ませることができます。

 

虫歯治療は、本来非常に繊細で時間が必要な治療になります。

時間をかけ虫歯を除去し、ラバーダム防湿を行い質のよい接着を行えるダイレクトボンディングでの虫歯治療は虫歯再発率が低いので歯が長持ちし、長期的に見ると非常にコストパフォーマンスに優れた治療法になります。

 

診療予約はこちらから

電話でのご予約は 03-6659-2934

Webでのご予約は  24時間ウェブ予約受付中

定休日 水曜 (学会出席等で変更になる場合がございます。)

平日      9時〜19時まで

土曜日     9時〜18時まで
日曜      9時〜14時まで

〒130-0024   東京都墨田区菊川2-6-14 マーベラス菊川1F

都営新宿線 菊川駅 A1出口すぐ

治療は院長の小林弘明が全て行います。

菊川駅前歯科のホームページはこちらから

 

 

 

歯の神経を取るという事について|東京/墨田区/江東区

2018年03月13日

レントゲン上で虫歯が歯の神経に届いている場合でも、症状が殆ど無ければ歯の神経を残せる可能性があります。

しかし、虫歯が歯の神経に到達し、痛み、膿、などの症状のある場合は神経の保存が困難な事が殆どです。

その場合はバイ菌感染により炎症状態、腐敗状態になってしまった歯の中を消毒する必要があります。このような状態の歯の神経を『歯の神経を残す方が何が何でも良い』という断片的な知識で残してしまうと、痛みが取れない、バイ菌感染が隣の健康な歯まで進行する、顎の骨に穴が開く、バイ菌が全身を巡って重篤な病気を引き起こす可能性(国民皆保険のない海外での虫歯が原因の死亡例がこれにあたります)などがあります。

「神経を抜く」と言うと「歯を抜く」のイメージが重なって怖い、大変な事になるんじゃないかと感じる方が多いですが『バイ菌感染した歯の中を消毒する』とイメージしていただくと良いかと思います。


実際にはこのように細い器具を使い、バイ菌を取り消毒を行います。

 

消毒を何回か行い内部を徹底的に綺麗にします。

 

その後、消毒した内部に根管充填材料をつめ、根の治療は終了します。

歯の神経の治療を行なった歯は歯の内側で炎症を感じるセンサーがなくなっているので再度虫歯になった場合、今度は虫歯が大きくなっても痛みがなく知らないうちに進行します。また、噛み合わせや硬いものが好きなどの食の好みによっては歯が割れてしまう場合があります。

 

歯の神経の治療後は、定期的な歯のクリーニングを行う、適合のよい被せ物で再感染をさせない、理想的な材料で被せ物の噛み合わせをしっかり作るという事が一層重要になります。

 

診療予約はこちらから

電話でのご予約は 03-6659-2934

Webでのご予約は  24時間ウェブ予約受付中

定休日 水曜 (学会出席等で変更になる場合がございます。)

平日      9時〜19時まで

土曜日     9時〜18時まで
日曜      9時〜14時まで

〒130-0024   東京都墨田区菊川2-6-14 マーベラス菊川1F

都営新宿線 菊川駅 A1出口すぐ

治療は院長の小林弘明が全て行います。

菊川駅前歯科のホームページはこちらから

 

 

 

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • メール相談
  • web予約

※予約枠が埋まっていても
 お電話いただければ対応できることもあります。

電話での問い合わせ

03-6659-2934

医院の住所

〒130-0024
東京都墨田区菊川2-6-14 マーベラス菊川1F

診療時間
9:00 ~ 13:30/
15:00 ~ 19:00//

このページの先頭に戻る