治療症例集|菊川駅前歯科|菊川駅すぐ。土曜・日曜も診療

〒130-0024
東京都墨田区菊川2-6-14 マーベラス菊川1F

03-6659-2934

  • メール相談
  • WEB予約
診療時間
9:00 ~ 13:30/
15:00 ~ 19:00//

※土曜:午後 15:00〜18:00 日曜:午前  9:00〜14:00 
※休診日:祝日

キービジュアル

当院の目指すところ

2020年03月2日

多くの方にとって歯医者さんとは、穴が開いたら埋めてもらい、たまに歯を洗ってもらう、歯の修理屋さんのような存在なのでは無いでしょうか?

 

 

そう、思われる原因の一つとして、虫歯治療を保険の銀歯でか自費でセラミックの何方かにしますか?と聞く説明ではないでしょうか。

 

しかし本来、口の中の病気というのは細菌と力(咬合病)に対する戦いになり、それに対する念密な計画が必要となります。

銀歯だから悪いとか、セラミックだから良いとかという話ではもはや在りません。それはただ空いた穴を何で修理するかの話であって、穴が空いてしまった原因を治療して今後のトラブルを予防するという訳ではありません。

 

顕微鏡を使うから、ラバーダムを使うから自費という事でも足りません。

 

当院では初めに1時間程度のカウンセリングを行います。その後、2時間検査を行います。そして、私が診療時間外で、3〜4時間程度時間を確保し模型作り咬合器に付着し、その資料をまとめ、診査し、それについて1時間程度の話し合いを2回程度患者さんと話し合い、計画が決まります。

治療に行くまでに1人あたり計8時間以上という時間を要します。

30分そこらで、銀歯とセラミックの材料の違いを聞いて、目立つのが嫌だからセラミックにしますという次元の話ではもはや在りません。

8時間という時間をお一人のために要し、あなたの今後の人生において必要な事を考え、将来のリスク説明、細菌と咬合病に対するフルオーダーの計画を提示します。

 

 

このような事を1日何十人も拝見する必要のある保険診療をやりながら片手間で行う事は不可能なため、当院は自由診療専門という形になりました。

 

 

歯の修理に関しては計画を元に適切な時間を確保し、丁寧に、歯科医学的に正しい適切な材料と方法をとれば良いだけの話です。

それすらも1日何十人も拝見しながら、片手間で行なったところで、クオリティを担保すのは不可能でしょう。

 

適切に虫歯を除去し、人工材料を適応する事で歯の強度を回復する事ができます。

 

 

インレーと呼ばれる銀歯は適切にデザインされていなければ、自分自身の噛む力で歯を割るリスクが非常に高くなります。

適切に歯質を温存し、適切な人工材料にて歯の剛性を担保します。

 

 

根の中の細菌によって顎の骨が溶かされています。

 

根の中の細菌が無くなれば、骨の再生が起こります。

 

これで歯の修理は完了しました。一見元の歯に戻った様には見えますが、歯の硬組織が再生した訳ではありません。

 

 

今後は適切なメンテナンスとセルフケアにて長期に歯を維持することが目標となります。(上記写真は別症例)

歯科医院でたまに歯を洗うことだけがメンテナンスではありません。ライフスタイルやお口の変化に注意しながら、観察し記録を取り続け、患者さんに寄り添いながら、お口の健康の長期維持を目指す事がメンテナンスと考えます。

 

 

当院は単なる歯の修理屋さんではなく顎口腔系の疾患に対し治療を行い、長期にわたる維持管理を目指すクリニックで在りたいと考えております。

 

 

 

 

各種治療費はこちらから

診療予約はこちらから※予約枠が埋まっていてもお電話いただければ対応できることもあります

電話でのご予約は 03-6659-2934

菊川駅前歯科のホームページはこちらから

菊川駅前歯科 Kobayashi dental office

東京都墨田区菊川2-6-14 1F

 

顎関節に関連する疾患に対し、スタビライゼーションスプリントによる治療アプローチ

2020年01月4日

顎関節症用に保険の柔らかい樹脂製のマウスピースを使用していたそうですが、全く改善が見られずお困りでした。

基本的に保険のマウスピースは噛み合わせの検査を行い、上下の模型を咬合器に付着し製作されませんので、噛み合わせを考慮されず、歯をただ柔らかいビニールかプラスチックで覆ってるだけで特に学術的な根拠も理論も何も無いものになります。しかし、プラシーボ効果で数パーセントの方には効くとも言われています。

顎関節症状の原因は欠損の長期放置、不安定な歯並び、不適切な修復物、外的要因等にて発症します。

まず、咬合違和感や顎関節症に対して行うことは原因の特定と顎の位置の評価が必要になります。

そのために、フェイスボートランスフアー、チェックバイト、ディプログラマーによる中心位採得を行い、安定した顎の位置を記録し、咬合器上にて治療顎位を評価します(咬合診断)

その他、筋触診、レントゲン、CT、歯周検査、唾液検査等の60〜90分の検査を2回にわたって行い、どんな治療が必要で、どこまで治療の介入を行うかを決定します。お口全体の修復歯の程度であったり、治療期間、個人のう蝕、歯周病リスク、審美的要求、予算であったりと様々な項目を検討します。

 

歯の修復物や、歯並びを修正しない治療をご希望されましたので、スタビライゼーション型スプリントによる治療を選択しました。スタビライゼーション型スプリントは歯の切削を行わずにできるため、可逆性があり、一番侵襲の無い治療法になります。

 

スタビライゼイション型スプリントは上下の歯の歯の接触の問題をマウスピースにて修正し、顎関節を安定させることにより、症状改善を行います。筋肉や顎関節の異常が原因と考えられる場合の鑑別診断としての使用可能です。

筋肉や顎関節が原因である場合はまた、別のアプローチが必要となります。

また、歯並び等にて自分自身の噛み合わせの力にてを破壊している傾向の患者さんの歯の維持のために使用する事も可能です。

 

リスク 論文上ではスタビライゼイション型スプリントは症状改善に約60%〜90%有効とされています。全ての顎関節症状、咬合違和感の改善を保証する訳ではありません。咬合状態によっては適応外症例になります。

 

治療費

咬合診断(口腔精密検査) ¥50,000

スタビライゼーションスプリント ¥70,000   (別途 消費税、再診料、咬合調整料)

 

各種治療費はこちらから

診療予約はこちらから※予約枠が埋まっていてもお電話いただければ対応できることもあります

電話でのご予約は 03-6659-2934

菊川駅前歯科のホームページはこちらから

 

菊川駅前歯科 Kobayashi dental office

東京都墨田区菊川2-6-14 1F

 

噛み合わせの管理調整|東京/墨田区/江東区

2018年04月18日

定期的に歯医者さんに行く理由として3つあります。普段の歯ブラシで取れない歯石を取り歯周病にならない為、虫歯を早期発見し早期治療を行う為、もう一つは噛み合わせを管理調整する為です。

金属やセラミックなどの人工物は天然の歯と硬さが異なる為、自分の歯のすり減るスピードと大きく異なります。せっかく入れたセラミックが割れたり、急に歯に違和感が出始めたり、顎の関節が痛くなったりなどの問題を起こします。したがって、被せ物は残っている歯と調和させる為、管理調整する必要があります。

当院では桑田正博先生のFDO(Functionally discluded occlusion)理論を支持し製作、調整しています。
桑田先生は50年前にアメリカに渡り陶材焼付冠を開発し世界に広めた方です。そして、咬合論黎明期に世界中の名だたる有名なドクターの被せ物製作を担当し、長期に渡る観察により
上下の歯の合わさる点、顎の動きに調和した角度によって得られた被せ物を製作し安定させるFDO理論を提唱されました。
このように当院では、天然の歯、歯肉、顎関節との調和を考え被せ物治療を行なっております。

 

診療予約はこちらから

電話でのご予約は 03-6659-2934

Webでのご予約は  24時間ウェブ予約受付中

定休日 水曜 (学会出席等で変更になる場合がございます。)

平日      9時〜19時まで

土曜日     9時〜18時まで
日曜      9時〜14時まで

〒130-0024   東京都墨田区菊川2-6-14 マーベラス菊川1F

都営新宿線 菊川駅 A1出口すぐ

治療は院長の小林弘明が全て行います。

菊川駅前歯科のホームページはこちらから

 

 

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • メール相談
  • web予約

※予約枠が埋まっていても
 お電話いただければ対応できることもあります。

電話での問い合わせ

03-6659-2934

医院の住所

〒130-0024
東京都墨田区菊川2-6-14 マーベラス菊川1F

診療時間
9:00 ~ 13:30/
15:00 ~ 19:00//

このページの先頭に戻る