治療症例集|菊川駅前歯科|菊川駅すぐ。土曜・日曜も診療

〒130-0024
東京都墨田区菊川2-6-14 マーベラス菊川1F

03-6659-2934

  • メール相談
  • WEB予約
診療時間
9:00 ~ 13:30/
15:00 ~ 19:00//

※土曜:午後 15:00〜18:00 日曜:午前  9:00〜14:00 
※休診日:祝日

キービジュアル

咬合の可視化、デジタル化

2022年05月14日

当院は長らく歯科業界ではブラックボックス化としている噛み合わせについてデジタル化し可視化を行っています。咬合に関してはその特性上、確固たるエビデンス(証拠)が少なく、そのため特に日本の歯科では,たまたま上手く行った成功体験をさも全ての方に応用できるかのように流布し、それに習って応用するなど,ある種の宗教的な考えにより噛み合わせ治療が行われてきた感が一部にはあります。

デジタル機器の導入により、その方の状況を把握し、その方に合った治療法を考える事が可能になりました。

 

 

口腔精密検査項目としてデンタルプレスケールにて咬合の力、重心

バイトアイにて上下の歯の合わさる位置と面積をコンピューター解析を行い治療の計画を行います。

 

 

 

咬合器装着による模型分析、中心位評価も含め、咬合の可視化により出来る事と出来ない事の線引きや、従来のカンに頼っていた部分を明確にすることができます。

 

 

現代の歯科医療は手術用顕微鏡と口内細菌の培養検査、咬合の可視化により、悪くなった理由とその改善方法、そして十分な結果予測を持って歯科治療の計画が可能となりました。

 

よくわからないけど虫歯ができやすい、昔より食事がしにくい、歯周病と言われているがどうしたら良いか分からないなどのお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。

 

各種治療費はこちらから

診療予約はこちらから※予約枠が埋まっていてもお電話いただければ対応できることもあります

電話でのご予約は 03-6659-2934

菊川駅前歯科のホームページはこちらから

 

 

<歯並び> 噛み合わせ

2022年04月9日

よく噛める方は、食べ物を前歯で噛み切り、犬歯で切り裂き、臼歯ですりつぶします。噛む時は、歯を上下に動かすだけでなく、前後・左右にも動かし使います。全ての歯をなめらかに動かして使えなければいけません。そして、口は大きく自由に開けられます。

多くの方はご自分では普通に噛んでいるように思われていますが、実は上下にだけガツンガツンと動かしている方が大変多いのです。上下にしか動かせないのは実は大変良くない事で、その悪い使い方により顎関節症になったり、歯並びを悪くしたり、歯の寿命を短くします。

噛み合わせが悪い方は、食べ物の噛み方も悪いのですが、ご自分ではわからない方が多くいらっしゃいます。そして、くいしばりのある方も大変多く見られます。くいしばりにより、歯がすりへり、上下がしっかりと合わさりすぎてしまい、歯が自由に動かなくなってしまいます。

噛み合わせの悪い方は、頭痛、肩こりなどの不定愁訴のある方も多いです。又、舌の使い方も悪かったり、発音のしづらい言葉があったり、唾液も出づらかったり、口が乾いてしまう方もいらっしゃいます。唾液がでづらい方は、いつも喉が渇くので水が手放せず、風邪もひきやすいのでマスクが手放せないようになります。このような事からも良好な歯並びにする事は、健康の為にも必要です。

中心位について

2022年02月24日

 

当院は治療を行うにあたり、精密検査時に中心位採得を行います。

中心位とは歯の位置とは関係ない、顎関節の位置になります。歯の位置と顎関節の回転軸に大きなズレがあると顎関節や歯、筋肉に大きな応力がかかり、顎関節や歯、筋肉を破壊する原因となります。

そのため、中心位を取ることにより、現在、顎の関節と歯の関係がどうなっているのか、治療中や治療後起こりうるリスク、今後の歯の喪失の予防の方法などをある程度術前に把握することが可能になります。

 

 

 

フェイスボートランスファーを行い

リーフゲージ、ドーソン法、ディプログラマーのいづれか又は併用による採得を行います。

 

 

その後、咬合器に付着し検査を行います。

 

 

特に虫歯治療などで、歯の形を変えるにあたり、一番必要な検査になりますが、予防的な意味合いが大きく、手間(模型製作、咬合器装着、フェイスボウ、中心位採得、診断など、全て行うと数時間かかります)やコスト(石膏、チェアタイム、印象材)の関係により保険診療ではまず行えない検査になります。

アメリカでは特に補綴医の中ではルーテーインで行われる検査ですが、日本ではおそらく、このような事を一度もやらずに、知らずに歯科医師人生を終わる先生が大半です。

ですので、これだけWebに情報が溢れている世の中でも殆どの患者さんに永遠に入ってこない情報になります。おそらく保険制度がこのまま維持される限り今後もそうでしょう。僅かな歯科医師が行い、ほんの僅かな患者さんが恩恵を受けるものになります。

しかし、歯に対する健康意識が高まり、歯の残存量が多くなり、また、平均寿命が長くなり、生体においてとても流動的な顎関節の変化に対応し長い期間、歯の観察と対応を行う必要が出てきた現代において咬合診査は、ますます必要な検査項目の一つになりうると考えられます。

 

咬合器は歯科用マイクロスコープより遥か昔からあるにも関わらず、半調節性咬合器が置いてありルーティーンで使われている歯科医院は,顕微鏡を置いて使っている歯医医院より少ないかもしれません。

 

 

 

特に咬合病や顎関節症などの噛み合わせ治療を行う場合には中心位を基準とします。

顎関節症状のある方は顎関節自体が何かしらの傷害を受けてますので、あくまでも仮の中心位となります。

そこから、スプリント治療を行い治療用の中心位を決めていきます。その後、顎関節症状の治りを待ち治療計画を再度練ります。このままスプリント等で症状を緩和し続けるのか、症状が緩和した位置に歯の並びや形態を変えるのか、現状の歯質の残りや予算、治療に対するコストとベネフィットの釣り合い、お気持ち等をカウンセリングし治療法を決定します。

 

before

after

治療後はメンテナンス時の観察と調整により口腔内の長期安定を目指します。

 

 

診療予約はこちらから※予約枠が埋まっていてもお電話いただければ対応できることもあります

電話でのご予約は 03-6659-2934

菊川駅前歯科のホームページはこちらから

菊川駅前歯科 Kobayashi dental office

東京都墨田区菊川2-6-14 1F

 

 

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • メール相談
  • web予約

※予約枠が埋まっていても
 お電話いただければ対応できることもあります。

電話での問い合わせ

03-6659-2934

医院の住所

〒130-0024
東京都墨田区菊川2-6-14 マーベラス菊川1F

診療時間
9:00 ~ 13:30/
15:00 ~ 19:00//

このページの先頭に戻る