治療症例集|菊川駅前歯科|菊川駅すぐ。土曜・日曜も診療

〒130-0024
東京都墨田区菊川2-6-14 マーベラス菊川1F

03-6659-2934

  • メール相談
  • WEB予約
診療時間
9:00 ~ 13:30/
15:00 ~ 19:00//

※土曜:午後 15:00〜18:00 日曜:午前  9:00〜14:00 
※休診日:祝日

キービジュアル

製作過程における保険の被せ物と、自由診療の被せ物の違い

2019年09月24日

保険の被せものと自由診療の被せ物の違いにおいて銀歯、CAD/CAM冠、セラミック、ゴールドなどの材料の違いは些細な事です。

それよりも重要になってくるのは虫歯除去、型取り、製作における工程とそれにかける時間とコストの違いにあります。

今回は製作工程での違いをご紹介します。非常に専門的で理解しづらい部分ではありますがご容赦下さい。

まず、保険の型取りは水と粉を混ぜたもので型取りを行います。型取りを行なった直後から水が分離するため、直ちに石膏を注がなければ変形する材料になります。また、その分離した水分を石膏が吸収し模型の精度も下がります。そして、強度も弱くこの型取り材からは1つの製作用模型しか作る事ができません。

 

一方、自由診療の型取り材はシリコンと呼ばれるゴム材料になります。数日保管しても劣化もなく、石膏模型が変形することもなく、強度も有るため複数の製作用模型を作る事ができます。

また、型をとるトレーも個人に合わせ作られたオーダーメイドのトレーになります。

その後、型取りから石膏に置き換わった模型を製作し、歯の製作には分割模型法と呼ばれる方法にて製作されるのが一般的です。歯の模型にネジを刺してプレートにて固定し抜き差ししながら歯を作って行きます。

このプレートにも違いがあります。保険診療では既成の型から石膏で作られたものを使用します。そのため、安価に出来ますが非常に変形がしやすく、位置ズレも起こりやすくなります。

自由診療では精密で堅牢なジロフォーム システムを使用し変形や位置ズレのない製作用模型を製作します。

ジロフォーム について詳しく見る

 

その後、歯を製作して行きます。

保健診療では1つの模型で製作を行い、トリミングなどの作業工程を簡便化、短時間化するため強度とコストの低い石膏が使用されます。

そのため、途中に模型の破損や変形があったとしてもチェックも出来きず、そのまま数分で製作されます。そのため隙間や、段差のある被せ物が出来るため、細菌の温床となり再虫歯のリスクが高くなります。

 

自由診療では複数の模型を用意し、模型自体の変形や破損がないかのチェックを繰り返し行いながら精度の高い被せ物を製作します。

さらに使われる石膏は非常に強度の高い石膏が使用されるため、変形や破損が少なくなります。

そして、顕微鏡を使用し時間をかけて修正を行うため、隙間のない被せ物となり、細菌の温床になりづらく再虫歯のリスクが非常に低いものとなります。

近年、デジタル化が進み、写真で型をとり、機械がブロックを削って歯を作る時代になってきましたが、高い精度を求めるとなると、まだ、従来のアナログな方法で職人の手によって精度を合わせるしかありません。

 

自由診療では右のように必ず咬合器と呼ばれる、顎の動きを模した装置に装着され作製されます。それにより、実際の口の中との誤差を最小限にし、口の中での調整の少ない、もしくは調整の無い被せ物を製作する事が可能になります。

一方、保健診療では、左のように簡易的な咬合器もしくは咬合器装着すらされずに製作されるため、比較的調整の多い被せ物になります。

 

誤解を恐れずに言えば、上記のように自由診療と同じコストと手間をかければ銀歯でも長持ちさせる事ができます。

しかし、これは保険で手が抜かれているわけではなく、世界的に見て異常に低価格な技工料と健康保険による診療報酬で、これらの経費をすべてをまかなう事は現実問題として不可能であるという国内の現実を御理解願います。(金銀パラジウム合金価格問題について)

 

このように形は同じ1つの歯の形でも、1つの歯が出来るまでの製作過程における手間やコストが違うため、その歯の予後は非常に大きく変わります。

 

以上は精密さを求めた当院の取り組みになります。

自由診療は保険診療とは違いクリニックごとに価格も時間とコストのかけ方も違います。時間とコストをかけ腕の良い技工士に依頼するとなると、その分だけ技工料も高くなっているのです。それは技術料ですから当然の対価と言えましょう。品質の高いものはそれ相応の価格になり歯科の自由診療の値段にも反映されています。

 

 

各種治療費はこちらから

診療予約はこちらから※予約枠が埋まっていてもお電話いただければ対応できることもあります

電話でのご予約は 03-6659-2934

菊川駅前歯科のホームページはこちらから

 

 

 

当院の治療が歯科医療専門誌に掲載されました|東京/墨田区/江東区

2019年07月1日

 

 

診療予約はこちらから※予約枠が埋まっていてもお電話いただければ対応できることもあります

電話でのご予約は 03-6659-2934

菊川駅前歯科のホームページはこちらから

 

被せ物の選択|東京/墨田区/江東区

2018年06月29日

やもえず、歯の神経を取った後、殆どの場合、被せ物の選択を迫られます。

「保険適応ですと銀歯です」

「白くしたいなら自費診療です」

大なり小なり、このような説明を受けるかと思います。頻繁に歯科治療を受けられている方は「またか、、、」と思われているのではないでしょうか?歯を白くする事に関心のない方は治療費の安い銀歯でとなります。当たり前の話ですね。

 

ではなぜ、歯科医院では毎回必ずこの選択を迫られるのでしょうか?

この言葉の裏には有らぬ誤解を生む為、伝えにくい下記のような文言が隠れています。

・「歯の形をしたものを入れるまでが保険適応内です」

・「歯の形態を模したものを装着して機能回復を行い、細菌の感染を予防し、健康な状態を維持する場合は自由診療になります」

 

保険診療は歯の形をしたものを入れることを保証していますが、そこに予防に対する概念はありません。なぜなら、国の医療費財源の理由から審美と予防は保険適応でないからです。国は医科・歯科共に予防と健康維持は個人の責任としています。

しかし、神経を取るに至った原因、虫歯になった原因は歯垢が元となった細菌感染です。

この細菌感染に対する予防対策を行わなければ、再び歯のトラブルが起きるのは理解に難しくないかと思われます。

歯垢の付きにくさ、審美回復が主な特徴のセラミッククラウン

噛み合わせの回復維持が主な特徴のゴールドクラウン

義歯とのコンビネーションや、複雑な噛み合わせ、審美など複合的な状況に対応する陶材焼付鋳造冠

お口の状態により適応となる材料の違いはありますが、自由診療にて被せ物を被せる場合、次のような再感染を防ぐ処置が共通して行われています。

①接着力を落とさないよう土台を立てて再感染を防ぐ

 

②精密な適合のよい型取りを行い再感染を防ぐ

 

③強度の高く、経年劣化の少ない接着材にて装着し再感染を防ぐ

 

このような細菌レベルの細かいことは、皆様にすぐに理解して頂くのがなかなか難しです。なので、被せる材質の違いが一番わかりやすく、伝わりやすいので主なお話とさせていただくのが現状です。

確かに、保険の銀歯の強度は十分で壊れにくいです、条件が合えば欠点はありますが保険で白い被せ物もできます。しかし、そこには感染予防という概念がすっぽり抜け落ちている事、それは直ちに影響はありませんが、とても大きな違いであるという事をご理解頂けると幸いです。

治療費 ¥150,000

リスク 極端に硬いものを噛むと割れる可能性があります。

診療予約はこちらから

菊川駅前歯科のホームページはこちらから

 

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • メール相談
  • web予約

※予約枠が埋まっていても
 お電話いただければ対応できることもあります。

電話での問い合わせ

03-6659-2934

医院の住所

〒130-0024
東京都墨田区菊川2-6-14 マーベラス菊川1F

診療時間
9:00 ~ 13:30/
15:00 ~ 19:00//

このページの先頭に戻る