治療症例集|菊川駅前歯科|菊川駅すぐ。土曜・日曜も診療

〒130-0024
東京都墨田区菊川2-6-14 マーベラス菊川1F

03-6659-2934

※予約枠が埋まっていてもお電話いただければ
 対応できることもあります。

  • メール相談
  • WEB予約
診療時間
9:00 ~ 13:30/
15:00 ~ 19:00//

※土曜:午後 15:00〜18:00 日曜:午前  9:00〜14:00 
※休診日:祝日

キービジュアル

歯の延命を考慮したマテリアルの選択

2022年04月15日

当院では歯の残っている量であったり、かみ合わせ等を考慮し、その方に一番良い方法をご提案しています。

アンレーを選択しています。クラウンにするよりも歯の温存ができる事が特徴となります。

emaxのようなガラス系セラミックはラバーダム防湿下にてセットしています。

クラウンよりも装着時間がかかります。歯が残っている方が繊細な処置が必要となります。

この写真の中にはジルコニア、コンポジットレジン、2系酸リチウムを歯の状況に応じて選択しています。

神経がある、ない、残っている歯の量により削る量であったり、噛み合わせであったり様々な事を考慮しマテリアルを選択します。

 

 

before

after

 

リスク 極端に硬いものを噛むとかける可能性があります。

各種治療費はこちらから

診療予約はこちらから※予約枠が埋まっていてもお電話いただければ対応できることもあります

電話でのご予約は 03-6659-2934

菊川駅前歯科のホームページはこちらから

 

 

ちゃんとした白い歯と、とりあえず白い歯

2022年04月14日

昔の保険でやった処置を健康的に治されたいと、ご来院されました。

 

樹脂や銀歯を除去していきます。特に保険の樹脂の下は銀歯より虫歯が大きいことが多いです。

ダイレクトボンディグによる歯の修復を行います。

ラバーダム防湿と顕微鏡の使用が最低限必要です。歯を延命させるための細かい手技を確実に行います。

神経がないため症状も出ず発見されなかった虫歯の除去と感染している根の中を消毒し、精密根管治療を行います。

 

 

その後、歯の土台を立てます。

これらの一連の流れもラバーダム防湿と顕微鏡の使用が最低限です。

 

 

顕微鏡を使用した感染除去と適切なマテリアルの選択による歯の剛性の回復がなされました。

 

before

 

after

4本の奥歯が白く改善しました。マテリアルは違えども全てラバーダム防湿を行い、治療が行われています。

 

現在の世界情勢による金属の高騰と合間って、保険の白い歯も色々解禁され、とりあえず、保険でも安易に歯を白くすることができる様になってきました。

『とりあえず保険で銀歯を白くしませんか?』という甘いセリフが2022年4月から様々なクリニックで呟かれる様になるでしょう。

今後は、適応症でないと分かっていても、銀歯なんか入れていたら客が来なくなるから、とりあえず保険で白い歯を入れるという流れでしょう。

しかし、金属材料と違い、有機材料や複合材料の使用はとても繊細に取り扱わなければいけません。虫歯の除去や歯への接着、根の治療において最も重要な、ちゃんとやると時間がかかるラバーダムや顕微鏡は今後も時間のかけられない保険の処置ではちゃんと使われる事はないでしょう。

また、保険の白い歯は、削る量は銀歯より遥かに多く、プラーク(細菌)は銀歯より付きやすい、知らない間に歯の神経が死んでいる、歯の摩滅は銀歯より早い、強度は弱い、歯が割れる原因になる、心ない安易なCADCAM冠やCADCAMインレーの処置は今後ますます、日本人の口の中を崩壊させていくと思われます。

上の写真は銀歯よりもぶかぶかな保険の白い被せものの縁から感染を起こし、歯茎の中のばい菌がたまり、根も感染し、抜歯になった歯になります。

今後、しばらくすると銀歯を入れてた時代より難症例(再治療が困難な症例、歯を残すのが困難な症例)が増えてくると予想されます。(現在、根の再治療において、金属コアより遥かに除去困難なファイバーコアが保険適応になって難儀な症例が増えたのが良い例です。また、保険のレジンの完全除去も大変困難であります。)

 

 

リスク 極端に硬いものを噛むとかける可能性があります。

各種治療費はこちらから

診療予約はこちらから※予約枠が埋まっていてもお電話いただければ対応できることもあります

電話でのご予約は 03-6659-2934

菊川駅前歯科のホームページはこちらから

 

 

かみ合わせ

2022年04月14日

出っ歯の方

奥歯でしか物を噛んでいません。奥歯といっても上下良い所で噛んでいるのではありません。上顎の方が前に出て、下顎の方が後ろに下がって噛んでいる為、噛み合わせが大変不安定で悪く、噛むところを探して顎をより後ろにずらす方が多くさらに、くいしばって噛む為、顎の痛み・口が大きく開かない・顎関節症がある・その他どこが悪いのかはっきりわからないが疲労を感じる・頭痛があるなどの見た目だけでなく苦痛も伴っている方が多くいらっしゃいます。

受け口の方

前歯でしか物を噛んでいません。本来は前歯の切端で噛み切るのですが、噛む・噛み切る事を悪い状態で行います。奥歯では、ほとんど噛めません。噛みづらい為に下顎をより前にずらす方が多く、顎の違和感があったり、口を大きく開けようとすると顎がはずれそうになりガクガクしてしまいます。くいしばりもあり出っ歯の方と同じく、どこが悪いのかはっきりわからないが疲労を感じる・頭痛があるなどの不定愁訴のある方が多くいらっしゃいます。

顎を右や左のどちらか一方にずらして片方で噛む方

このような方はずらしている片側でしか噛んでいない方が多く、顎をより右か左の一方にずらします。顎の違和感があったり、口を大きく開けていくとずれていた顎の位置がガクガクします。

その後突然顎のずれが直ることがあります。このような方も、出っ歯や受け口と同じような不定愁訴の症状のある方がいらっしゃいます。くいしばりのある方も多く姿勢の悪い方も多いです。

右にずらして噛む方は右が筋肉が付きやすく、左の筋肉が付きにくくなり、顔のバランスが左右違ってきます。

頭位も右傾斜又は左傾斜になりやすく、肩の高さも左右違います。下顎がずれて片方だけの噛み合わせが習慣になります。したがって、片側で食べ物を噛むため、疲労感のある方がいらっしゃいます。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • メール相談
  • web予約

※予約枠が埋まっていても
 お電話いただければ対応できることもあります。

電話での問い合わせ

03-6659-2934

医院の住所

〒130-0024
東京都墨田区菊川2-6-14 マーベラス菊川1F

診療時間
9:00 ~ 13:30/
15:00 ~ 19:00//

このページの先頭に戻る