治療症例集|菊川駅前歯科|菊川駅すぐ。土曜・日曜も診療

〒130-0024
東京都墨田区菊川2-6-14 マーベラス菊川1F

03-6659-2934

※予約枠が埋まっていてもお電話いただければ
 対応できることもあります。

  • メール相談
  • WEB予約
診療時間
9:00 ~ 13:30/
15:00 ~ 19:00//

※土曜:午後 15:00〜18:00 日曜:午前  9:00〜14:00 
※休診日:祝日

キービジュアル

歯科ドックにおける歯周病精密検査

2022年12月22日

当院での精密検査においてプローブという器具を使用し、歯茎の6箇所に歯茎に物差しを入れて出血の有無や何ミリ入るかを検査していきます。この検査で分かるのは現状の組織がどのくらい破壊されているかの評価になります。歯茎の溝が3ミリまでで、出血がしない箇所が正常組織となります。出血が見られる箇所は歯ブラシやフロスが当たっておらず、バイ菌繁殖により組織破壊が起きている箇所になります。その状態が続きますと、4ミリ以上の溝になり、歯ブラシが当たらずバイ菌繁殖がどんどん進行していきます。

 

歯周病によって一旦、組織破壊が始まると元に戻すことが困難になります。組織破壊が起こってから評価していては遅いのです。そのため、保険の検査で行なっているような、歯の数カ所を触って組織の破壊の程度を図るだけでは最適な予防になりません。

 

ですのでプロービング検査による組織破壊評価に加えて細菌検査と咬合検査を行います。この2つを追加で行うことで、組織が破壊される前に予防介入が可能になります。

歯周病は細菌が大きな原因であるにも関わらず、細菌の評価をせずに治療にあたるのは非常に矛盾しています。

菌のバランスが崩れることで様々な歯科の病気が起こります。菌の繁殖は人それぞれです。

バナペリオを用いて歯周病の原因菌である、Pg菌、Tf菌、Td菌の細菌数を評価します。

歯周病菌が支配的な状態になっているかどうかの評価が可能になります。

 

 

 

オルコアを用いてPg菌のPCR検査を行います。Pg菌は歯周病原因菌の非常に凶悪な細菌になります。しかし、現在の歯科では、きちんと対応すれば数を減らし、改善をすることが可能になります。致命的な状態になる前に対応すべき細菌となります。

 

 

 

咬合検査を行い、歯周組織が破壊されるリスクのある箇所を検出します。噛み合わせの力で歯周組織の破壊は進みます。噛み合わせの不良は歯周病の増悪因子となります。そのためには歯型をとり模型を作り、咬合器に装着して評価される必要があります。

 

 

歯は加齢と共に失う組織ではありません。適切な治療と予防管理を継続すれば生涯、歯を失うことはありません。義歯やブリッジ、インプラントの材料や技術がどんなに発達しようとも、まだまだ天然歯に勝るものはありません。

最適な予防処置、歯の延命のために、ラバーダム、顕微鏡等を使用し適正な時間を確保された治療、口腔の機能回復、審美性の改善を行う治療は自由診療となります。

 

診療予約はこちらから※予約枠が埋まっていてもお電話いただければ対応できることもあります

電話でのご予約は 03-6659-2934

菊川駅前歯科のホームページはこちらから

菊川駅前歯科 Kobayashi dental office

東京都墨田区菊川2-6-14 1F

 

 

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • メール相談
  • web予約

※予約枠が埋まっていても
 お電話いただければ対応できることもあります。

電話での問い合わせ

03-6659-2934

医院の住所

〒130-0024
東京都墨田区菊川2-6-14 マーベラス菊川1F

診療時間
9:00 ~ 13:30/
15:00 ~ 19:00//

このページの先頭に戻る